MENU

さえおの酒場放浪記 大阪京橋編 魅惑の城 グランシャトー

  • URLをコピーしました!

12月4日(土)俺っちは、東京駅の新幹線ホームに立っていた!これからある人に会いに大阪に行こうとしていた!

新大阪駅へ向けていざ!

大阪に行く事は、この「人生再生日記」を締めくくる必須のイベントとして大分前から計画していた!Twitterで知り合い、blog運営のアドバイスを何度もいただいた、後ほど紹介する師匠と呼んでいる人物に一言お礼を言う為だ!

九月に「妖怪の町」兵庫県福崎町を訪れた際に、どうせなら大阪にも寄ってお会いしたかったのだが、残念ながら予定が合わなかった…

妖怪の住む町 福崎町の旅の記事はコチラ

その後、連絡を取り合いスケジュール調整をしてめでたく今回の旅が実現したと言うわけだ!

どうせ大阪行くのなら、ついでに酒場放浪記シリーズの大阪編もやってしまおう!ちなみに今回訪れる場所は、大阪の京橋である、なぜ京橋か?師匠に言われたから…

その時の師匠とのDM

京橋へは、大阪駅よりJRの環状線に乗り三つ先の駅で下車する、だが車窓からすでにオレは目にする!この旅のメインとなる一際目立つ異質な建物の存在を!

そして、大阪へ

東京駅から新幹線に乗り、新大阪駅へ乗車時間約二時間とちょい「のぞみ」に乗れば、名古屋と京都しか停車しない、あっという間に着いた!何なら、普段の通勤と変わらないレベルだ!

AM9:00新大阪駅到着!このまま京橋に直行するのも味気ないので、御堂筋線で梅田に移動!

そして、いきなり見つけた!俺っちの大好きなガラパゴス!碁盤の目状に広がるダンジョン!その場所の名は「新梅田食道街」

魅力的なスポット

ただ、残念ながらこの時間帯にやってるお店は喫茶店が数店…立ち並ぶ串揚げ、おでん、たこ焼きなどの大阪ソウルフードを扱っているお店は11:00過ぎからが多かった…

ダンジョン探索は諦めてその後、LUKIAの中を少し見てから、JR環状線に乗り京橋へ…その車内で師匠にLINEで尋ねていた!「美味いうどんはないか?」と

10年くらい前に、道頓堀で食べた澄んだスープのうどんの美味さに衝撃を受けてしまい、大阪に来たら絶対にうどんが食べたいとずっと思っていたのだ!土地の美味い物は、土地の人に聞くのが一番!

その時の師匠とのLINE

かすうどん!是非喰いたい!そして、京橋駅が近づいて来る、車窓から一瞬異質な建物が目に入る!だが次の瞬間、「うどん」の看板が!俺っちのCPUは二つ同時にメモリーは出来ない仕様になっているので、一瞬で建物の事は忘却の彼方へ…

ディープタウン、キョーバシ

そして、京橋駅に到着!そして、さっき上から見えたうどん屋を発見した!

NICEなネーミング

しかし、メニューに「かすうどん」はなかった…どんな味がするんだろう?まあ、いい…次回の楽しみ取っておく事にして、この日は牛すじうどんを注文した!なかなか美味かった!

牛すじうどんに、刻みあげを
トッピングしてみたぁぁぁ

そして、うどんを食べ終えた!さてどうしよう?時刻はまだ11:00を少し回ったばかり、立ち飲みに行くことにした!さすが、大阪!昼間からやってる立ち飲みが数多くあった、サクッとジョッキを二杯程飲み干し、店を出る…

ジョッキ二杯とツマミ3品
頼んだのに会計1220円!安い!

そして、店を出た瞬間眼前に広がる「グランシャトー」の看板!

コレはなぁに?

グランシャトービル
様々なシャトー

ここだけ異質だ!この存在感はなんだ!一度は二件目の立ち飲みを探して建物の前をチラ見しながら通り過ぎたが、すぐにUターンして戻って来た!俺っちの中の何かが「ここに行かないと絶対に後悔する!」と訴えている…時間はまだタップリある!「ここは一発!サウナだな…」

グランシャトー

俺っちは風呂で浴槽に入っても身体は洗わない、なぜ最高の入浴剤「BIRTH」を入れた浴槽で綺麗になるのに、わざわざ肌の保護バリアをボディソープで落としてしまうのかが、イマイチよく分からない…

エレベーターで最上階のサウナへと…フロントでメニュー表を見る、そこにアカスリの文字があった、以前からやってみたいと思っていたが、見知らぬ女性(恐らく)に全裸を晒すのが嫌で一度もやった事がなかった!

おすすめのレインボーコースを
ちょいとチョイス!
引用:グランシャトー様 WEBサイト

だが、今年取り組んで来た「人生再生日記」のチャレンジのおかげで、そういった無駄な恥じらいなどは、かけがえのない経験の機会を逃すだけだと分かったので、迷わず予約した!

ちなみにパンツを履き忘れる事も多い、この日はUNIQLOのタイツを履いていたので、パンツを履いていない事に、サウナで気がついた

あっ!パンツ履いてなぁい!

アカスリの予約時間まで、ゆっくり浴槽に浸かり、サウナで汗を流す、浴場はとても広くサウナ室も低温と高温があり、そこでじっくりと汗を流した…

高温サウナは三分と持たなかった…

そして、アカスリ&マッサージの時間となり、「◯◯◯番のお客さまぁぁ〜」とデッカイ声で俺っちを呼ぶオバチャン登場!

良かった!日本人だ!俺っちのイメージでは韓国人の女性のプレイヤーが多いのかなと思っていたが、目の前にいるのは純度100%の大阪のオバチャンだ!タガログ語でコミュニケーションを取らなければいけないリスクはこれで回避された…

マッサージ用のベッドまで案内され、◯ルチンの俺っちに優しく「仰向けで寝て、大事な所はタオルで隠して下さいね」とオバチャン!まずは仰向けで、お湯をかけてもらってから、首から足に向けてアカスリが始まった…

熟練されたテクニックが俺っちをヘブンに誘う

「き、きもぢぃぃ〜」オバチャンの力加減がとにかく絶妙なのだ!最高だ!もっと早く体験しておけば良かったなぁ!だが、オバチャンの吐息混じりの呟きを俺っちは聞き逃さなかった…

うわぁ…

前述したが、俺っちは身体を洗わない!ちゃんと毎日風呂には入ってる!だが、肌が弱いのかナイロンタオルとかでこすると、肌が真っ赤になってしまうのだ…それに誰かに臭いと言われた事もない!(気がする…)

だが、蓄積された垢が相当な量でポロポロ出ているのであろう…オバチャンの熟練の技で、俺っちに悟られまいとしているが、さっきの呟きが聞こえてしまった…

すまん!オバチャン!だが、オバチャンのテクを遠慮なく堪能させてもらうぜ!

オバチャン「うわぁ〜」

俺っち「アーーー♡」

オバチャン「う、うわぁぁ〜…」

俺っち「アッ、アーーー♡」

ザッパーン…ふぅ、アカスリ終了…気持ち良かった…くまなく全身アカスリしてもらったうえに、何と頭と顔まで洗ってもらった…(というか股間以外全て)

オバチャンがベッドを片付けている間、俺っちは上がり湯に浸かって身体を温めた!次はマッサージだ!湯上がりの身体をオバチャンが優しく拭いてくれる(股間以外)母ちゃん以外にここまでされたことなかったので、うっすら感動さえ感じていた…

マッサージ室に移動し、60分全身くまなく(股間…)マッサージをしてもらった!こちらも熟練されたテクニックで、最初と体勢を変える時以外はほとんど気持ち良くて寝てしまい、覚えていない…

マッサージ終了!もう、終わりかな?と思った瞬間、オバチャン「お客さん?何飲まれます?ビール?サワー?」何なんだ?ここは楽園なのか?

案内されたテーブルに座ると、オバチャンがキンキンに冷えた生ビールを運んで来てくれた!汗をかいて、アカスリとマッサージで蘇った身体に冷たい生ビールが染み渡る…最高だ!

珠玉の時間

帰り際フロントで、鍵を返却する時に生ビール代を支払うのかと思っていたら、ドリンク代込だった!こんだけ堪能して10000円以下!なんというコスパの高さよ!絶対また来よう!今度はキングコースで受けてみたい!大阪観光にまた新たな楽しみが出来た!

時刻は15:00を過ぎ、予約していたホテルのチェックINの時間になっていたので、宿へ向かう

泊まったホテルは隣にセブンイレブンがあり、宿泊者は専用のカゴに入れてそのまま客室に持っていけるというサービスがあり、とても便利だった、最上階にリッチな大浴場もありリーズナブルな価格と眺望で俺っち大満足!


 

ホテルで少し休憩して師匠に会う準備を整え、いざ待ち合わせの場所へ!

なかなか素敵な部屋だった
ホテルの部屋から見渡す夕暮れの大阪の景色
そして、コイツらを師匠に渡す!
左:キーアイテムの天狗
右:俺っちの地元の名酒

PM17:00

師匠「さ、さえちゃん?」

俺っち「し、師匠?」

そして、ついに二人は出逢った…バックにはあの名曲が流れていた…

to be continued…

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

cocoonからSWELLにテーマを移行して日々サイトと格闘中‼︎
楽しくふざけた実体験を基に記事を書いていこうと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA